BTC FX -2, 3000円の負け?1h消費。時間の無駄

f:id:peroon:20180531013359p:plain

BFFXのチャートが意外と下がってなかったから売り増ししたが、チャートが描画されてないだけというミスだった。売り時を探るがヨコヨコ。1時間経って運良く下がってきたので微損で枚数を減らす。

今は1枚ショートで保持。維持率500%くらいなのでこれなら寝れる。現物を多く持っているので値下がりの緩衝材になってくれる。バイナリーオプションを馬鹿にしている割には、FXだった丁半博打である。耐えてコツコツ貯めても前みたいにドカンとやられる。コツコツドカン。

積み重なるものに投資したほうがいい。英語とか。

BTC FX ロスカットくらって24万マイナス乙

f:id:peroon:20180529203732p:plain

6.5枚ショートしてた。朝は5万買ってた。PM8, 一気に4万上げて死亡。維持率は130%くらいだったが一気に60, そして50を切ってロスカット(強制決済)。最近のFXの儲けを吹き飛ばしてマイナスになった。

 

証拠金維持率?

40万預けて勝負していた。利益プラマイゼロになってからは3万上がって死んだ。6.5BTC扱っていると3 * 6.5 = 20万くらいになって、証拠金の40万で割ると0.5になり、維持率50%となりロスカットされる。3万上がれば死ぬ運命だったのだ。結構ありうる上下動だと思う。危険だね。

メルカリIPOが気になる

 

f:id:peroon:20180527021441p:plain

SBIで国内株式行ったらこんなに目立つ所にメルカリIPOの抽選が表示。IPOって応募が多いからこんなに目立つことしなくても十分集まるはずだけど、なんでこうしているのだろう?売る株数が多いのだろうか?そしたら初値で売りたい人が多すぎたら売り切れないということも・・・。そしてメルカリはアメリカ進出にコストかけてて利益出していない。これはAmazonのように税金を払わないで投資しているのだろうが、これも初値に影響しそう。申し込むには先に振り込む必要もあるし、様子見か・・・。

今日のFX 3.5hかけて3000プラス・・・

f:id:peroon:20180527012558j:plain

 

ショートから入って、意外と落ちない。底が固い?ヨコヨコしてプラスになったりマイナスになったり。「1円でもいいからプラスで終わりたい」という謎の思考が出てくる。

 

ログを見ると3時間前(4時間未満)に売り注文を出して、今、買いで建玉を打ち消した。純資産総額の差を見て、今回は3000円の利益。時給にすると、バイトかよ・・・という額である。

 

レンジだったので待てば微プラスでは勝てるが、それでもPCの前にいる必要はあるし、拘束時間の割に合わなかったのが今回のトレードであった。

BTC FX 今日もなんとか勝てた・・・

f:id:peroon:20180525203654p:plain

上る直前の下げ(ロングが一気に精算)で予想と外れて2万マイナス状態になり、予想と違ったのでもう損切りするか・・・という気持ちに。でも維持率200%はあるし持っておいたら噴いた。

f:id:peroon:20180525203825p:plain

10万の15倍で1.8BTC扱って1.7万ほどプラス。ごち。

久しぶりにBTC FXをした

f:id:peroon:20180524222820p:plain

 

1年くらい前もやって、15倍で増えていって喜んでいたら上下に揺れて強制決済されてゼロになった。

 

今回は4万プラスくらいで終われた。やろうと思った理由は、最近BTC下げすぎでソワソワしてチャート見てて、ショートから入る方法も覚えないとと思って0.1BTCからショートを始めた。単位を増やしていって、最初に1.3万円損した。この流れならショートから入ればいいのではないのか?・・・

 

次にロングかショートどちらかで入って+2500円。

 

最後にロング。0.9、0.9、0.5と積み重ね。最近下げすぎで上がる力あるだろうし、1分足で見てもヨコヨコで上がりたがっているように見えた。「俺の直感が上がりたがっていると言っている」とロング。

 

といいつつヨコヨコは続き、+5000になったりー10000になったり。ロングから1,2時間経っていた。FXはそんなに長く持ちたくない。そこでいきなり跳ねた。「やったぜ」。天井で売れた。「欲張るな・・・」と言い聞かせて、平均曲線の傾きが弱ってきたところで売った。

 

最終的に+4万で終われてよかった。ガチホの分は最近の下げでめっちゃ下がっているが、「ショートから入る」「FXで最近の損を少しは埋め合わせた」という経験ができた。