先日の仮想通貨暴落についてふり返る

f:id:peroon:20170530025228p:plain

みるみる利益が減っていった。ガチホ、睡眠投資法とはいえ、例えば200万円の利益が出ていたとしてそれが100万に減り、50に減り、いよいよ10になったときは「もう耐えきれない」と確定してしまいそうになった。そこから半分くらい戻して今に至る。売りを仕掛けられて、最後には買い戻さないといけないので戻ったということだろう。

利益がマイナスになってしまいそうなとき放り投げそうになったのだが、それはなぜか考えてみると、過去の自分の判断が間違っていたことになるからだろう。逆に少なくてもプラスで終われば判断は合っていたと言える。買った値段という閾値より上がるか下がるか、それだけで+1とー1のように、符号が真逆になってしまう。でもその閾値は単に買ったタイミングで決まるものだし、長期的に暗号通貨が上がっていくかどうかだけで判断するのがいい。

本当は上で売って、下がるときは一度売り抜けて、下がりきったところで買い増したり、信用売りして下がりも利益に変えることができるのが理想だが、そんなスキルはないし、欲を出しすぎないようにしよう。また、売って買ってを繰り返すと手数料やスプレッドの分減っていくというのもある。株では損切り5%、利確10%と言われたりもするが、損切りは暗号通貨にも適用すべきとは限らないのかもしれない。

放り投げないで良かったと思うが、今回放り投げた人も多いだろう。「CC民の狼狽売り」という文字も見かけたし、人は得るよりも失うことの方が強く意識に残るから、減るのをすごく避けたいと思うし、そういう心理を自覚していないと放り投げてしまう。仮想通貨は大口がコントロール可能なので、今回のように売り浴びせて、初心者の参入価格より下げて狼狽売りさせれば下で買い集められるし、その上下は売り浴びせた者だけが予測可能なので情報量としても有利に立てる。

過去にBTCが20%下落した体験をしていたのも耐えられた理由かもしれない。長期的には上がるのだ。だけど大口が売れば場をコントロールできるのならば、個人が長期で保持して得られたであろう利益は奪われてしまう可能性もある。長期的に持っていても新規参入者のお金はコントロールしている者に吸われてしまい、こちらには回ってこないという可能性がある。

これからどうなるかは分からないが、ありうる結末をいくつか予想して、その場合に取るべき行動は想像しておくべき。歴史が浅い分、個人でも株式よりは対等に勝負できると思う。これからに期待しつつ、Blockfolioを眺める。

仮想通貨の収支管理アプリ「Blockfolio」が便利

f:id:peroon:20170525085954p:plain

各コインの所持数を入れると日本円換算して表示してくれるアプリです。ウォレットアドレスとは紐づけないので安全で、24時間でのトータル変化量や、各通貨の浮き沈みが見やすい。無料です。Twitterアカウントもあるようで、サーバーが落ちたらそこで「対応中」とツイートしていました。サーバーが落ちると見れなくなりますが、ユーザデータはAWSに保存されているので消えることはないそうです。

アメリカの市場で価値を見ていてそれを日本円換算しているのでしょう、ビットコインの場合は日本の取引所よりも1ビット当たりの単価が低く表示されます。重要なのはパーセンテージなので問題ありません。

ここ最近上げているのはLSK, ZECですね。どちらも以下のcoincheckで買うことができるアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)です。

Z.comコイン byGMO 本格サービスオープン延期のお知らせ

f:id:peroon:20170523182446p:plain

国内大手のGMOが5/24にオープンを予定していた仮想通貨取引所Z.comコインですが、前日の5/23に延期のお知らせのメールが届きました。システム開発が間に合わなかったのでしょう。延期の理由は以下のように書かれていました。

2017年5月9日、当サイト及びプレスリリースにて、「2017年5月24日の本格サービス提供の開始」をご案内させていただきましたが、その後、ビットコインの取引量やブロックチェーンのトランザクションが増大しております。
お客様に安定した取引環境をご提供し、安心してご利用いただくために、追加のサービス検証、並びにシステムの調整を実施する必要があると判断し、サービスのご提供開始時期を1週間後の「2017年5月31日」に延期させていただきます。 

 確かにビットコインの取引量は増え、トランザクションが増加し、送金が遅れています。利用者数の見積もりも多くして、耐えられる負荷も上げておくべき。サーバのスペックや台数については、GMOクラウドも提供しているので問題ないですが、詰まるとしたらデータベース部分でしょうか。しかしそこに改善点があるとしたら1週間で直せるかどうか。単純に全体の開発が間に合わなかったのが本音だと想像できます。ユーザとしては、他の取引所も開設しておいて、システムのリスク分散をしておくべきですね。

他の日本の取引所としては、前回紹介したbitFlyerの他に、coincheckもメジャーです。扱うアルトコインの種類が多いのが特徴ですが、最近は買いと売りの値段差が大きいと言われています。開設だけならタダなので、口座を作っておいてはいかがでしょう。以下のURLから作ることができます。

coincheck.com

はじめてのビットコイン購入記

f:id:peroon:20170523125144p:plain

買ったのは2017年1月4日。よく分からないまま10倍になる夢を買う気持ちでbitFlyerに50000円を入金し、1コイン13万円くらいの頃に購入した。1コイン10万円とかするが、その分現金が必要なわけではない。0.01コイン購入などもできるので、1000円で始めることもできるし、まず1000円などの少額で安全に始めて、増えていくことを確認してから投資額を増やしていくことは、投資・投機に限らず適用できることだろう。

f:id:peroon:20170523132424p:plain

50000円で買って増えたので追加で買い増ししたいが株に投資していて現金がなかったため、1/5にクレジットカードで買っている。どんどん上がっている最中だったので手数料など気にせず購入したが、今見ると、相場が13.5万円くらいなのにクレジットカードで買うと16.5万円くらいで買っている。カードで買うのはとても損であることがわかる。bitFlyerにはビットコイン販売所というのもあって、市場ではなくbitFlyerからビットコインを購入することもできるが、これも市場で買うよりも手数料がかかる。最初からbitFlyer Lightningで購入することをオススメする。

数日後、株を売ってSBIネット銀行に移し、bitFlyerの口座に振り込んで45万円の追加購入をして4ビットコインくらいを所有した。そこからは結構不安定で購入額よりも評価額が下がってしまう時期が1, 2ヶ月続いたが、価格のグラフの推移を見ると長期的には回復すると思ったのでそのまま保持し、今では購入額より上回っている。

bitFlyerは日本の取引所の中でも1番安定していると評価されているので、bitFlyerで少額のビットコイン購入から始めてみるのが、仮想通貨の入り口としていいと思う。bitFlyerの口座は、以下のバナーから開設できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】